サイコだけど大丈夫 「It's Okay to Not Be Okay」

最近すごくはまっているドラマがあります。

Netflixでしか見れないですが、愛着障害を抱えていると感じられている方にぜひおすすめのドラマです。

 

サイコだけど大丈夫 Netflix韓国ドラマ 個性的で美的な世界観 心の傷を癒す彼らの愛の物語|ドラマはびっと

 

-------------------------------

 

今から見たいという方は、ここから下にネタバレのことも書くので気を付けてください。

なぜおすすめなのか、簡単に言うと、恋愛ドラマですが、愛着障害についても触れているなと感じました。

 

主人公の女性は、実の両親から愛されずに育ち、人との接し方も独特だったり、分からなかったりするため、なかなか人と関係を結べずにいるという設定です。

 

実のお母さんについては、物語が進むにつれて明らかになっていきますが、途中までは謎の存在として描かれています。

実のお母さんがいなくても、夜中に悪夢でうなされたり、小さい頃に言われたことに呪縛され、なかなかそこから抜け出せません。

 

「あなたは外の人と関係を結べないから、家の中にいなさい。」

と小さい頃に言われて、その考えに反発心を持ちながらも、大人になっても守っています。

 

よくあるドラマでは、家族自体とは仲がよくて、外部の悪者や不幸に立ち向かっていくようなものが多いですが、このドラマでは、実の親と全く関係を結べていないところに一番共感できました。

 

本当のお母さんやお父さんとは、最後まで関係を結べなかったけど、周りの人たちの優しさや愛情に動かされて、乗り越えていくというお話です。

 

最後のエピソードに「偽物で本物の母さんへ」と題した手紙を読むシーンがあります。

その時に、自分自身と重ね合わせてしまいました。

 

実の親に愛されないと、人生終わりだと思っていましたが、実の親に子供を愛する能力がなかったとしても、自分の気持ちを汲み取ってくれる人や、理解してくれる人に1人でも人生出会えたとしたら、その人は救われるのかなと思いました。

 

すごく共感し、励まされました。

もし興味あれば見てみてください。

 

そんなに真剣な感じで描いてないところも見やすいです。

 

幸せの定義

くさいことを言ってしまいますが、みなさんの幸せの定義ってなんですか?

よくこういう人がいます。

 

当たり前に生活できてること自体が幸せなんだよって

世の中には明日のご飯がない人もいるんだよ

アフリカの子供達とか見てごらん

 

そんなことを言われても、じゃあ自分はは恵まれてるって思いますか

私は思わないです。

 

私が欲しいものは人とのつながりや愛情

それなくして、ちゃんと家があること、毎日ご飯を食べれることに感謝しろと言われても無理です。

 

家があること、ご飯があることが当たり前の環境に生まれてきたのに、そこに感謝することって難しくないですか

 

そこに感謝できない人は、ただれてるとか、感謝すべきだ、て言い張る人になんか腹が立ちます。

 

明日のご飯を食べるために、生きるのに必死の人ならまず悩まないって。

そんなこと言ってた人もいたなと思い出しました。

 

確かにご飯があって家があって、生活できるお金があることはいいことです。

それでも、「だから幸せでしょっ」てではなくて、それと抱えている生きづらさは全く別の物だと思います。

 

お母さんという存在の大きさ

お母さん

亡くなった方のことをあまり書くべきではないかもしれませんが、少し書かせて頂きます。

三浦春馬さんも、KARAのハラちゃんも、お母さんとのことでかなり悩んでいたように見受けられます。

 

両親にお金をせがまれるという経験は私自身したことはありません。

春馬さんは、お母さんの戸籍をぬいて、事実上家族ではなくなった。

それでも、自分を生んでくれたのはまぎれもない母だという罪悪感にさいなまされていたのかもしれません。

 

お母さんに愛されたかった

それにつきるのかもれません

 

私は、毒親と離れる方法だとか、母親をいかにして自分から切り離すかということに重点をおいて今生きています。

 

こんなことをされた、あんなことをされた、絶対に許せないって

怒っていいんだよとセラピーの方にも言われて

頑張ってそう思おうとしています。

 

それでも、時折、いやいつも母親がふとよりぎります。

こないだあまりにも寂しくて母親に電話をかけてしまいました。

その時、私にどうしてほしいのと聞かれ、なにも言えませんでした。

 

「愛されたい」なんて本人には言えない

だって愛する能力なんてないから

 

それでも愛されたい

憎悪と寂しさと罪悪感といろんな感情で頭の中がいっぱいになります

なにがなんだか分からなくなります

 

でもひとつだけ言えること

お母さんという存在はとてつもなく大きいものだと

 

お母さんがお母さんではない場合、離れるしかない

でもお母さんに子供を愛する能力がないと、子供はどこに愛情を求めればいいんでしょうか

 

世間で成功すること?

仕事で認められること?

 

必ずどこかに代わりを見つけようとします

私も例外ではないかなと

 

それでも、お母さんが「お母さん」じゃない場合、離れないといけないと私は思います。

もしお母さんが子供にかまって欲しいだけの場合、子供を自分をよく見せるための道具としか考えていない場合、お母さん自身が赤ちゃんの場合、そのお母さんの母親になるために生まれてきたわけではないと

 

そう言い切っても、どんなに決心しても、何年も会っていなかったとしても、母親はついてまわります。目の前にいなくても、脳裏にずっとついてまわります。

 

母親と関係を当たり前に築けている人が死ぬほど羨ましい

何かあれば、母がいると自然に思えている人が死ぬほど羨ましい

 

私もそんなお母さんに生まれたかった。。

 チキン、卵 - ヒヨコのロイヤリティフリーストックフォト

 

 

コンサータ地獄に陥った話

病院でコンサータの処方を受ける

ある病院でコンサータを処方して欲しいと言うと出してくれなくて門前払いされた

 

ある藪医者がいる別の病院で大量のコンサータを処方してもらえた

カバンの中にぎっしり入ったコンサータ

 

朝に一錠だけのはずが、ある日から10錠くらいになった

18mgを朝飲んで、それでも効いてる感じがしなくて昼に飲む、10分後また緊張してきてもう1錠

 

気づいたらあと1錠がやめられなくて、18×10錠 180mg飲んでた

もっと飲んでたかもしれない、、200錠は超えてた

それでも効いてる感じがしない

 

完全に依存してた

最初の30分の高揚感が止められなくて

 

次で最後て言い聞かせながら、また1錠1錠口の中に彫り込んだ

 

当たり前だけど夜寝れなかった

心臓が破裂しそうになりながら、それでも止められない

 

いつ死んでもおかしくないのにて思いながら過ごす

 

仕事のために飲んでいたはずのコンサータ

人と会うためだけにも飲んでいました

 

人と会う前にに、コンサータを飲むと、まるで自分に武器を与えてくれたような感覚に陥る、、30分間だけ

 

いざ待ち合わせをしていて、友人とあった瞬間にもう1錠飲む

お酒飲んで談笑してる間にもう1錠

 

なぜコンサータ依存を脱することができたか

コンサータを飲まずに生活できている

仕事がある日以外朝1錠以外は飲んでない

 

これほど依存してたのになぜ辞められたか

それは、カウンセラーさんとの出会いでした

 

コンサータを飲めば自分に足りない何かを埋めてくれる

そんな感じがしました

 

コンサータを飲めば"not enough"の自分が"enough"になれるって

でも、全然そうじゃなかった

 

今でも自分は十分(enough)ではないと思う

でも、少なくともコンサータを飲めばそれが解決されるとは思わないって考えにはなりました

 

 

f:id:livingwithlowselfesteem:20200806214159p:plain

 

愛情が欲しくてももらえない

愛情が死ぬほど欲しい

 

自分のことを愛してくれる人が世の中に一人でもいたらって

好きな人はできたことがある

 

でもその好きな人から連絡は一向に来ない

好きな人ができてもどうせ関係は続かない

 

朝から晩まで自分は誰からも愛されないって考えながら起きて寝るのってつらい

でもこれが何年も何年も続いている

 

私が誰も愛してないからこうなるのかって

 

でも自分がその人を好きだろうが、好きでなかろうが、その人はどうせ自分を受け入れてくれないって知ってるから

 

もし自分が「自分」のお母さんなら

きっといいことあるよって

 

今までこんな思いさせちゃってごめんね

世界で一番かわいいよって

 

 

言ってあげるのかな

誰かにそういってほしい

 

誰かに愛情を注いでほしい

口をおっきくあけて待ってる

 

でも口に入ってくるのは泥水ばっかり

 

愛情が欲すれば欲するほどまるでそれがわかったかのようにあえて、愛情以外のものを周りの人が口にほりこんでくる感じがする

 

私が欲しいのは愛情なのにって

 

カウンセリングに行って、行ったその日はましになる

でも次のまた絶望感に打ちひしがれながら目が覚める

 

いつか幸せだと思いながら起きたい

 

好きな人から連絡があるとかそんな朝が欲しい

待ってても奇跡なんか起きないのは分かってるけど

 

でも追いかけても奇跡がおきないのは知ってる

だって今までずっとそうだったから

 

そんな人に自分から行動しないと奇跡も起きないよとかいう言葉はかけないでほしい

酷だと思う

 

人から嫌なことばかり浴びせられてきたのに、それでもまだ這いつくばってまた傷つくことを自分からするっていうのかって

 

もう頑張りたくない

 

f:id:livingwithlowselfesteem:20200804232118j:plain

 

有名人の方の自殺がある度に考えること

今日も衝撃的なニュースが流れましたが、ここ最近有名人の方の自殺が多いように思います。

一言に有名人と言ってしまって申し訳ないですが、ご冥福をお祈りします。

 

有名人の方の自殺がある度に思うこと、、

なんで自分はまだ生きているんだろうって

あたし自身死にたいと思ったことは何度もあります。

でも死ぬのはやっぱり怖い

こんな人生のまま死にたくない。

それに尽きます。。

 

芸能人になると、バッシングや中傷がひどくなり、私たちには考えられないような心の傷ができるんでしょう。

 

もしくは、成功してしまうとそれ以上望みがなくなるからでしょうか。

 

私には想像がつきません。

生半可に亡くなった理由を挙げるのも失礼かもしれません、、

 

でもいつも透明人間のように扱われることもある自分にとって、もしこんな人生歩めたら死にたいなんて死んでも思わないのにって

 

承認欲求を必死に求めてる自分にとってこんな成功を世の中で収められたらきっとそれだけで生きていけるのにって

 

自分が今でも生きてる理由はなんだろうって考えます。

 

よくこれだけのことがあった後でも生きてるなって自分でも思います。

世の中に特に必要とされてるわけでもないのに、誰かに必要とされていないのに、よくまだ生きてるなって。

 

生きる必要もないけど死ぬ必要もないからでしょうか、、

 

生きることも死ぬこともできない人が一番つらいんだよってコメントをどこかの記事で見たのを今でも覚えてます。

 

そんなにしんどいなら死ねばいいのになんで自分は死なないんだろう。

なんで自分がまだ生きているんだろうって

 

なにか期待してるから?

これから先きっといいことがあるって?

 

こんだけしんどいことがあった人生だからこれからは幸せになるはずだから?

 

本当にそうなるか見もの

耐えられなくなる日はいつくるんだろう

暗闇の中のわずかな光

 

 

毒親から離れる方法

毒親から離れたくても離れられない

あたしは、自分の親が毒親だと豪語しながら、なんかんや理由を付けて家に舞い戻っていました。

当時は、書類を取りに行くためだと自分でも思っていましたが、小さいときから得られない何かを親に求めていたのかもしれません。

 

でも結局得られない。

とてつもないヒステリーを浴びせられ、余計しんどくなって数日後出ていく。

でも何か月かするとまた書類を取りにいかなければて思ってしまう。。

 

それの繰り返しでした

ある時ある人に言われました。

 

お母さんはほっといていいよっ

自分のこと優先していいのよって

 

でも母親と関係を築きたい、どうにか関係を築かないと他の人とも関係を築けないと

そう思っていました。

 

ある時、実家から疲労困憊して出て行った後、今のカウンセラーの人と出会いました。

「つらかったね。寂しかったね。」

 

たったこの一言で涙が止まらなくなりました。

 

それから何か月かして、母親を求め続けていた自分のなにかが変わってきました。

それは、実親にしてほしかった愛情や気配り、気持ちの汲み取りの代わりをセラピストの人がしてくれているからだと思います。

 

ある意味幼少期を生き直していると言えるとも思います。

 

学校から帰ってきた時、学校どうだった?とか、最近しんどそうだけど大丈夫?とか、本当にただそういう気づかいが欲しかった。

 

気持ちを汲み取ってくれた体験はなかった。

そしてそれが当たり前でした。

でも、それは当たり前なんかじゃないんだって、もっと大事に扱われるべきなんだって、信じるのに何か月もかかりましたし、今もまだ信じ切れていません。

 

何十年経って、母親が変わることはないと分かっていても、そういう一言がいつか母親から出てくる日があるんじゃないかって

どこかで期待して待ってたのかもしれません。

 

でも、変わらない。

 

母親から欲しいものを別の場所で見つけること

 

もしみなさんが、毒親と分かっていても、なぜか親から離れられないと思っていらっしゃる方がいたら、実親から得れない愛情を追い求め続けているのかもしれません。

 

少なくとも私はそうでした。

 

ただ、得れないと分かっていてもなぜか求め続けてしまうというところが、一番厄介なところだと思います。

得たいものを得れないまま、離れることはできないのではないかと考えたりもします。

 

毒親から離れるには、無理やり離れるのではなく、毒親に求め続けているものを他の場所で補うことができて初めて、離れられるのかもしれません。

 

代わりを見つけることが、毒親から離れることに繋がるんだと思います。

 

この代わりが私の場合は、セラピストの人にもらっています。