サイコだけど大丈夫 「It's Okay to Not Be Okay」

最近すごくはまっているドラマがあります。

Netflixでしか見れないですが、愛着障害を抱えていると感じられている方にぜひおすすめのドラマです。

 

サイコだけど大丈夫 Netflix韓国ドラマ 個性的で美的な世界観 心の傷を癒す彼らの愛の物語|ドラマはびっと

 

-------------------------------

 

今から見たいという方は、ここから下にネタバレのことも書くので気を付けてください。

なぜおすすめなのか、簡単に言うと、恋愛ドラマですが、愛着障害についても触れているなと感じました。

 

主人公の女性は、実の両親から愛されずに育ち、人との接し方も独特だったり、分からなかったりするため、なかなか人と関係を結べずにいるという設定です。

 

実のお母さんについては、物語が進むにつれて明らかになっていきますが、途中までは謎の存在として描かれています。

実のお母さんがいなくても、夜中に悪夢でうなされたり、小さい頃に言われたことに呪縛され、なかなかそこから抜け出せません。

 

「あなたは外の人と関係を結べないから、家の中にいなさい。」

と小さい頃に言われて、その考えに反発心を持ちながらも、大人になっても守っています。

 

よくあるドラマでは、家族自体とは仲がよくて、外部の悪者や不幸に立ち向かっていくようなものが多いですが、このドラマでは、実の親と全く関係を結べていないところに一番共感できました。

 

本当のお母さんやお父さんとは、最後まで関係を結べなかったけど、周りの人たちの優しさや愛情に動かされて、乗り越えていくというお話です。

 

最後のエピソードに「偽物で本物の母さんへ」と題した手紙を読むシーンがあります。

その時に、自分自身と重ね合わせてしまいました。

 

実の親に愛されないと、人生終わりだと思っていましたが、実の親に子供を愛する能力がなかったとしても、自分の気持ちを汲み取ってくれる人や、理解してくれる人に1人でも人生出会えたとしたら、その人は救われるのかなと思いました。

 

すごく共感し、励まされました。

もし興味あれば見てみてください。

 

そんなに真剣な感じで描いてないところも見やすいです。